私達の活動は、企業の皆様からの寄付に依存します。その浄財は企業の皆様の利益から頂戴します。

 

この利益の最大化を考えた時、私達自身がコスト削減の機能を備え、サービスをご提供する事と致しました。

異なる2つのプロジェクトを運営しています。

    【Project ①】 SDGsバンブープロジェクト         【Project ②】 間接材調達改善フォーラム 

Project① SDGsバンブープロジェクト 
     【環境・社会・経済の諸課題を統合的に解決】【循環共生圏づくり】

PDF資料はこちら

sdg_icon_03健康と福祉.png
sdg_icon_08_ja働きがいと経済成長.png
sdg_icon_09_ja産業の技術革新と基板.png
sdg_icon_13_ja気候変動に具体的な対策を.png
sdg_icon_15_ja_陸の豊かさも守ろう.png
sdg_icon_17_jaパートナーシップで目標達成.png

【環境分野の課題】

外来種(孟宗竹)の旺盛な成長力で、他の植物とそれに付随する生き物の領域が侵食され続けています。

【社会分野の課題】

土壌の多様性も損なわれ、気候危機で頻発する豪雨により、土砂崩れや流木による河川の氾濫の原因となってます。

【経済分野の課題】

地下茎で拡散する竹やぶは、山林や畑にも侵食し地方の産業を棄損しています。他方、肥料不要で成長する孟宗竹の
産業的活用事は、課題の解決と同時に振興策となります。産業化の過程で障がい者の方々のお仕事づくりにも留意します。

画面拡大・再生速度調整等はyoutubeで
  • YouTube

Project ② 間接材調達改善フォーラム 

フォーラムの会員規約・申込はこちら

sdg_icon_08_ja働きがいと経済成長.png
sdg_icon_13_ja気候変動に具体的な対策を.png
sdg_icon_17_jaパートナーシップで目標達成.png

■ 持続可能な未来を考える際、企業活動はSDGsのカテゴリー別に、特色ある事業(コア業務
 に人財を集中投下・企業の特性を発揮した、事業の成長が求められます。


■ 他方でノン・コア業務の負担(コスト支出・人財資源投入)を皆無にすることはできません。
 そこで私たちは、ノン・コア業務のスリム化の支援を行います。
 コア業務の充実化で利益を上げ、持続可能な経営を行って頂きたいと考えております。
 そして、私たちの活動を支援して頂きたいと考えております。

■ 以下の手法で、スケールメリットを活かした、調達の協働(SDGs17番の目標)により、

 手間(調達に関わる事務費)と単価(調達単価)の低減の実現を図ります。

共同(協働)

調達

☑ 電力

  ➝ 電気代単価の入札/見積合せ

☑ 太陽光発電

  ➝ 火力発電由来の電気(系統電力)
    よりも安い単価で自家発電・自家消    費する為、スケールメリットを活かし    た太陽光発電の導入を行います。

■ ノン・コア業務の内、当社団の活動(ローカルSDGsの推進)と親和性の高い間接資材として、 電力調達費に着目しました。

■ 我々が支払う電気代の多くは、石油・天然ガス等の輸出国へ支払われることになります。

 太陽光で発電で自家消費すれば、電気代が、地域から・我が国から、他所へ流れません。

■ 化石燃料の運搬(船舶など)と燃焼(発電所)により、大量のCO2を排出します。

 頻発する自然災害(線状降水帯など気候変動)は、我々電気使用者にも原因があると言えます。

エネルギー効率の相談
スライド1
スライド2
スライド3
スライド4